治療後のメンテナンス

インプラント治療

インプラント治療後に最も気をつけたいのは、顎の骨を溶かすインプラント周囲炎です。これは歯ぐきの隙間から入り込んだ細菌に感染することが原因で起こる病気で、進行が早く、自覚症状が出た頃にはすでに深刻な状態に陥っていることも少なくありません。痛み・腫れ・出血などの症状があり、最悪の場合はインプラントが脱落します。

治療後は、細菌の温床となるプラーク(歯垢)をためないように、丁寧なブラッシングで毎日きちんとケアすることが重要です。また、歯科医院にも定期的に通い、お口の状態のチェックや、普段はケアしきれていない場所のお掃除なども受けて下さい。

矯正治療

矯正装置を外した後は、後戻りを防ぐリテーナー(保定装置)を夜間だけ装着していただきます。しかし、リテーナーの装着をさぼってしまい、せっかくきれいに並んだ歯列が崩れてしまう患者様もいらっしゃいます。

特に歯が移動しやすい成長期のお子様は、矯正治療にかかる時間が短い分、後戻りも早くなります。見た目にはわかりづらくても数ミリ単位で移動しているため、リテーナーがフィットしなくなってしまうのです。リテーナーの装着を怠ったことによる歯列の乱れは当院では責任を負いかねますので、決められた装着時間を守って下さい。

  • くるみ歯科医院オフィシャルサイト
  • くるみ歯科医院 歯科衛生士求人
  • 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
まずはお気軽にご相談ください
歯にお悩みの方はいつでもくるみ歯科医院までお問い合わせください
まずはお気軽に
当院へご相談ください
駐車場を26台分完備しております
  • 受付時間 10:00~13:00/15:00~19:30 0493-25-2550bottom_tel_sp.png
  • くるみ歯科医院オフィシャルサイト
  • くるみ歯科医院 歯科衛生士求人
  • 信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
0493-25-2550